おすすめはコレ!自動追尾・自動追尾台付きのグリーンレーザー墨出し器

深刻な土建業界の人手不足。

東北地方太平洋沖地震の津波被害の復興工事で一時的に需要が急増しましたが、地方のほとんどは少ない小口の現場をいくつもこなして少ない利益を積み上げてるところが多いと思います。

自分のとこの社員が空いていて現場に入ってもらえるときは助かりますけど、冬場の繁忙期はなかなかそうはいきません。

何とかして少しでも現場の人数を削りたい。
そういう思いがあるのなら機械の力に頼らざるを得ないと思います。

そこで、今回は墨出し作業を楽にしてくれるレーザー墨出し器の中でもさらに便利な、
自動追尾(ナビ)・リモコンが付いたモデルのおすすめモデルを調べてみたいと思います。

精度が高く高性能のものを求めるならTAJIMA(タジマ)などが評価も高くおすすめですが、安くて使いやすいものを探しているなら、他社より圧倒的に安くてアフターもしっかりしているVOICE(ボイス)もチェックされることをオススメします。

>>この性能でこの値段!?人気のグリーンレーザー墨出し器VOICE

  1. 1 自動追尾(ナビ)・リモコン機能とは
  2. 2 自動追尾付きレーザー墨出し器
    1. 2-1 本体一体型(グリーンレーザー)
    2. 2-2 本体一体型(赤色レーザー)
    3. 2-3 自動追尾台タイプ(グリーンレーザー)
    4. 2-4 自動追尾台タイプ(赤色レーザー)

1 自動追尾(ナビ)・リモコン機能とは

まず自動追尾(ナビ)機能について説明したいと思います。

通常レーザー墨出し器を使うときは、地墨に位置合わせを行ってから墨出しを行う方向へレーザーの向きを合わせて墨出しを行っていきます。

レーザーの向きを調整するには本体を直接回転させなければなりませんが、本体の位置からは合わせる目印が見えず、一人だと何往復もしながら微調整を繰り返すことになります。そのため、レーザーと目印の整合を見る人と本体を微調整する人の2人で「〇ミリ左!」とか声掛けしながら作業を行うのが一般的で、人手も時間もかかってしまいます。

また、明るい現場ではレーザー光が見えにくいこともあり、見る角度を変えて見てみたり、陰を作ったりと余計に時間がかかることがあります。

自動追尾(ナビ)機能はそういう問題を解決してくれるものです。

本体を地墨にセットして、墨出ししたい方向の目印に受光器をセットし自動追尾(ナビ)機能を使うと、本体が自動で回転して受光器の位置に鉛直ラインを合わせてくれます。

また、受光器と自動追尾(ナビ)ならレーザーの光が目視しにくい場所でも、受光器をセットするだけで自動的に正確に向きを合わせることができるので、レーザー墨出し器の位置合わせにかかる時間が大幅に短縮できてしまいます。

自動追尾(ナビ)機能が付いたタイプの受光器は大抵リモコンにもなっていて、機種によってレーザーの明るさや本数を変更できたり、本体を回転させることができます。

5ラインなど水平ラインが全周無いタイプのレーザー墨出し器で壁4方向に水平ラインを墨出しする場合、1方向ごとに本体の位置まで戻ってレーザーの向きを変えなければなりません。

リモコンの回転機能を使えば、1面墨出しするごとに手元のリモコンを操作して、全周の墨出しを連続して楽に行うことができます。

フルラインではない墨出し器の人は重宝する機能です。

楽天ランキング4冠獲得。 VOICE 5ライン グリーンレーザー墨出し器

2 自動追尾(ナビ)付きレーザー墨出し器

自動追尾が付いたレーザー墨出し器は本体一体型自動追尾台と言われる後付けパーツで自動追尾機能を追加できるタイプがあります。

本体一体型は高性能かつ見た目のおさまりも良い反面、本体価格が高いものが多いです。

自動追尾台タイプは安い価格帯のものが多く、10万以下で本体と自動追尾台をそろえることができたりします。
見た目はやや不格好ですが、自動追尾台が不要なときは取り外せるため、現場で破損・故障するリスクを減らせますし、メンテナンスも別々に行える点は有利になります。

それぞれの自動追尾タイプのレーザー墨出し器をいくつか紹介したいと思います。

※本ページに表示している価格は全て消費税込価格(2018/03/24時点)であり、変動する可能性があります。

2-1 本体一体型(グリーンレーザー)

この業界では有名なTAJIMA(タジマ)製のものとMAKITA(マキタ)製の自動追尾(ナビ)機能が付いたグリーンレーザー墨出し器をいくつか紹介します。

両メーカーともレーザー墨出し器の評価は高いのですが、値段も相応の価格であるため、取り扱いには最新の注意を払う必要があります。

TAJIMA(タジマ)GEEZAシリーズ

GZASN-KJC354,024円

GZAN-KYR238,788円

TAJIMA(タジマ)ZEROGシリーズ

ZEROGSN-KJC267,300円

ZEROGN-KJY184,140円

makita(マキタ)

SK311GXZ159,900円

SK208GXZ155,304円

2-2 本体一体型(赤色レーザー)

TAJIMA(タジマ)TERAシリーズ

ML10N-KJC296,406円

ML10N-KYR189,669円

TAJIMA(タジマ)ZEROシリーズ

ZEROSN-KJC153,866円

ZERON-KJC132,000円

ZERON-KJY114,642円

makita(マキタ)

SK503PXZ226,800円

SK309PXZN133,600円

SK206PXZN108,500円

2-3 自動追尾台タイプ(グリーンレーザー)

自動追尾台タイプのものは、元々同じ会社のレーザー墨出し器を持っていた場合、4万円程度の費用で自動追尾機能を付けることができます。
初めてレーザー墨出し器を買うので自動追尾が必要かどうかわからないという人でも、後から必要になった時に自動追尾台だけ買い足すこともできるので、不要な出費も抑えられます。

また、見た目は若干不格好になりますが、自動追尾と本体とが別になっているため、故障などがあったときは問題を切り分けて対応できる点は有利になります。

【LTC】テクノ販売

テクノ販売で自動追尾台付きのグリーンレーザー墨出し器を揃える場合、このくらいの費用になります。

  • フルラインで156,300円
  • 鉛直4ライン(大矩)、水平で125,900円
  • 自動追尾台

SB-G(グリーンレーザー用スマートベース)37,500円

  • 自動追尾台が付けられる製品(一部紹介)

LTK-G910118,800円

LTK-G610P88,400円

  • その他の機種(ライン数が少ないもの)
  • LTK-G510P【74,800円
  • LTK-G410P【61,200円
  • LTK-G310P【47,600円

MAX(マックス)

MAX(マックス)で自動追尾台付きのグリーンレーザー墨出し器を揃える場合、このくらいの費用になります。

  • フルラインで178,605円
  • 鉛直4ライン(大矩)、水平で134,163円
  • 自動追尾台

L​A​-​N​V​1​/​D​5​G​N​V39,123円

  • 自動追尾台が付けられる製品(一部紹介)

LA-S801DG139,482円

  • その他機種(ライン数が少ないモノ)

LA-S501DG【95,040円
LA-301DG【60,895円

VOICE(ボイス)

VOICE(ボイス)で自動追尾台付きのグリーンレーザー墨出し器を揃える場合、このくらいの費用になります。
フルラインの機種でも他社より圧倒的に安く手に入れることができます。

  • フルライン(全周)で107,400円
  • 鉛直4ライン(大矩)、水平で50,040円
  • 自動追尾台(オートベース)

VL-Gグリーンレーザー対応オートベース【35,600円

  • グリーンレーザー墨出し器本体価格と自動追尾台(オートベース)セット価格
  • VLG-8X(フルライン) 74,800円、オートベースセット107,400円
  • VLG-5X 39,490円、オートベースセット72,090円
  • VLG-3X 26,070円、オートベースセット58,670円
  • VLG-2X 21,440円、オートベースセット54,040円

VOICEはメンテナンス料金も良心的でランニングコストも抑えることができます。
安くで自動追尾機能付グリーンレーザー墨出し器を手に入れたい方にはおすすめです。

>>VOICEの公式キャンペーンサイト

2-4 自動追尾台タイプ(赤色レーザー)

【LTC】テクノ販売

テクノ販売で自動追尾台付きのレッドレーザー墨出し器を揃える場合12万~16万程度になります。

  • フルライン(全周)で107,160円
  • 鉛直4ライン(大矩)、水平で97、872円
  • 自動追尾台

SB-R(赤色レーザー用スマートベース)37,500円

  • 自動追尾台が付けられる製品(一部紹介)

LST-RB91069,660円

  • その他の製品(ライン数が少ないモノ)

LST-RB610【60,372円
LST-RB510【50,760円
LST-RB410【41,688円
LST-RB310【32,400円

MAX(マックス)

テクノ販売で自動追尾台付きの赤色レーザー墨出し器を揃える場合12万~16万程度になります。

  • フルライン(全周)で177,471
  • 鉛直4ライン(大矩)、水平で90,379
  • 自動追尾台

LA-NV1/D5NVSET37,989円

  • 自動追尾台が付けられる製品(一部紹介)

LA-S801DG139,482円

  • その他の製品(ライン数が少ないモノ)

LA-50552,390円

VOICE(ボイス)

VOICE(ボイス)で自動追尾台付きの赤色レーザー墨出し器を揃える場合、このくらいの費用になります。

グリーンレーザー同様に他社よりも安く仕入れたい方にはVOICEがおすすめです。

  • フルライン(全周)で58,840円
  • 鉛直4ライン(大矩)、水平で50,070円
  • 自動追尾台(オートベース)

VL-R赤色レーザー対応オートベース【35,600円

  • 赤色レーザー墨出し器本体価格と自動追尾台(オートベース)セット価格
  • VLG-8X(フルライン(全周)) 26,240円、オートベースセット58,840円
  • VLG-5X 17,470円、オートベースセット50,070円

>>VOICEの公式キャンペーンサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする